父子

 長らくご無沙汰しました……。
 平泉旅行記も続きを書くことができないままになってしまいましたが、仕切り直してまたぼちぼち再開していきたいと思います。

 今回はリハビリもかねて、pixivに投稿した奥州藤原氏SSの一作をこちらに転載します。(pixiv投稿先=http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5403925)


 奥州藤原氏初代、藤原清衡が奥州での覇権をだいたい確立し、平泉で落ち着いている時代のお話しです。


登場人物

藤原清衡〔ふじわら きよひら〕:12世紀に東北地方を支配した奥州藤原氏初代御館〔みたち〕。作中より十数年前の後三年合戦(1083-1087)で異父弟に最初の妻子を皆殺しにされている。
藤原基衝〔ふじわら もとひら〕:清衡の死後に兄弟との争いに勝って二代目御館となる。作中では元服前なので基衝の名はまだなく、御曹司と呼ばれている。
佐藤季春〔さとう すえはる〕:基衝の乳母子、佐藤継信・忠信の推定祖先。作中では元服前なので季春の名前はまだなく、三郎とだけ呼ばれている。※季春の元服前の名前が三郎なのはここだけの設定で詳しいことはわかっていません。


more»

スポンサーサイト

清衡さまでシンデレラ

 ・・・・・・・ええっと、わたしこのブログで泰/衡と義経の話ばっかりしていますが、奥州藤原氏を調べているうちに、初代の清衡さまにもはまってしまいまして・・・・・・・

 特に後3年合戦コンビの源義家とのあれやこれやとか気になりますね・・・・・・・私は義家は清衡の父の藤原経清のことが大好きで経清の面影を清衡に重ねてそれで清衡のこと大好きで、清衡は義家のこと大嫌いででも目的のためにそれを隠して一緒にいるうちにちょっとは心が動いてしまう系の関係を妄想しています。

 で、清衡と言えば、後に黄金の平泉を築いた男ですが、その幼少期から前半生はみじめで苦難の日々であるというギャップにも萌えますね。
 その萌えが高じて、「清衡の前半生ってシンデレラで説明できるんじゃね?」というアホな発想が浮かび、泰/衡と義経のまともな話もまだ書いていないのに、突発的に「清衡さまでシンデレラ」あるいは「シンデレラで後3年合戦を説明する」というネタを勢いで書いてしまったしだいです(でも推敲tかで結局完成まで日数かかった・・・・・)


 配役は、

 清衡→シンデレラ
 義家→王子さま
 安/倍/宗/任→魔法使い
 清原家→いじわるな継母と義姉妹

 弁明的注意点

・清原家、個体の区別をつけるとさらにややこしいので「清原家一」とかいう扱いです
・なぜか遠流の宗/任が出てきているが気にしてはいけない
・清衡の母はすいません割愛しました・・・・
・義家がひどい・・・・・とにかくひどい・・・・・私の義家はひどいめにあってなんぼ、ということを理解していただければ・・・・
・てか清衡が酷い・・・・・・

 

more»

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad


Copyright © 記憶的海 All Rights Reserved.