『狙撃手』視聴できるよーー

 このブログは狙撃手の愛で8割がたできており、昨年から(汗)ひたすら狙撃手の愛を叫んでいるだけのブログですが、日本で放映されていないドラマの愛を叫んでいても痛々しいし、誰もついてこれないであろうことはけっこう承知しております(でも好きなんだもの)

 そこでなるべく見れない人にも私が何を言っているのか少しでも理解していただくべく、詳細なあらすじとか感想を書いているわけですが・・・・・・まあ、それだって焼け石に水ってやつ・・・どころかさらに痛々しいだけかもしれません。


 実は「狙撃手」自体は日本の中国ドラマを扱うショップで手に入る他、中国の動画サイトでも視聴できます。ぶっちゃけ「狙撃手」の内容を紹介するならDVDを買える店を案内するより、その動画のアドレスを提示した方がいいでしょう。


 ・・・・・・でもこれらの動画サイトに一話まるまるUPされているドラマって著作権侵害ですよね? そのアドレスをここで提示するのはちょっと気がひけるので今まで控えていました。


 ・・・・・・でも。
 最近いろいろ調べてなんとなくわかってきたのですけど・・・・・・どうもこれら1話まるまるUPされている動画も必ずしも著作権侵害とは限らないのではないか、と。
 つまりその動画をUPしている動画サイトと作品の著作権権利者との間で正式な契約が成立していて、著作権上のもろもろの問題をクリアした合法動画もある、ということです。

 それならここでその動画が見れるアドレス紹介しちゃってもいいよね! ってことでいくつかの動画共有サイトのアドレスを書いておきます(複数の動画サイトがありますが、著作権権利者が複数の相手と契約しているのではないかと思われます)。
 興味がありましたらぜひごらんください。頭にhをつけて飛んでくださいね。
 もちろんオール中国語ですが、だいたいのあらすじを知りたい方はこのブログの該当記事を参照してください。
(あと、ダウンロードに時間がかかる,たまに接続できない場合があります)


捜狐
ttp://tv.sohu.com/s2010/jujishou/

土豆
ttp://www.tudou.com/playlist/album/id50902.html

优酷
ttp://www.youku.com/show_page/id_zcbfbccbc962411de83b1.html


 なお、これらのアドレスにUPされている動画は著作権保持者の許可のある合法動画である、と書きましたが・・・・・・私はこの手の問題の専門家ではなく、いくつかの情報や私の経験則(笑)から導いた推測です。もし「これもやっぱり著作権上問題である」ということを知っている方は、ご一報ください。


注意

 中国のネットには強力なウイルスがいる可能性が高いです。必ず、ウイルス対策をした上で閲覧ください。
スポンサーサイト

第18話 結束 19話 綻び

あらすじ


 八路軍のために死地に赴くことに嫌気がさした方儀球は、隊列から離れ行方をくらます。探しに行った銭国良もかえって方儀球につき合わされることになる。
 方儀球は安定しない兵隊人生の中で、この年になっても妻子を持てなかった自分の人生を自嘲し、妻がいる銭国良がうらやましいという。しかし銭国良もまた、戦争で3年ほど家を留守にし、戦争で貯めた金をはたいて指輪を買って帰ったら、妻には別の男ができていた、という過去を語る。二人は夜の森の中で、つくづくついていなかった自分達の人生を語りあう。
 大春は自分達がこれから進む道には必ず芥川が待ち構えているだろうが、八路軍長官国軍の戦区長官の衛立煌との会談の時間に間に合わすため、道を変えることはできない、と竜紹鉄に説明する。なぜなら、衛長官は最近八路軍に不信感を持つようになっており、また国民党の会議に出席するため重慶に発つ時間が迫っている。もし八路軍の長官が会談の時間に間に合わなかったら、八路軍への不信を決定的にしたまま重慶に発つことになってしまう。だから芥川が待ち構えていようとも最短の道を突破するしかない、と。
 大春は八路軍が芥川ら日本軍と戦っている隙に、国軍が八路軍長官を護衛して突破してほしいと頼み、日本軍との戦闘を開始する。また、もし自分に何かあったら後を頼むとも言う。
 いったんはその言葉を受け入れた竜紹鉄。だが、大春らが苦戦するのを見て、石頭らに長官の護衛をまかせ、加勢に加わるものの危険な状況が続く。

18-A-1.jpg
戦況を打開するため飛び出す大春
 
  

more»

16話狙撃 17話過去(2)

解説

 さて、今回は16話で日本軍中将の暗殺成功、インターバルを経て、17話で八路軍長官を会談のために送り届ける、というエンタメに終始した回。気楽に楽しみながら見れるパートです。
 その中で文軒の竜紹鉄に対する誤解も無事解け・・・・・・たと思ったら、今度は竜は「共産党に通じている」という疑惑をかけられてしまう・・・と次から次に災難が尽きない。



 それはそうと、今まで薄々描写されていたけれど、今回とてもはっきりしてしまったこと。それは、


竜紹鉄って超無神経なんじゃない?


 ってこと。私はさらに一歩踏み込んで言おう。


 彼は、可哀想な自分が大好きな人、なのだ、と。


more»

16話狙撃 17話過去


あらすじ

16話

 すでに三日前から、中将が来る予定の日本軍駐屯地付近の草むらで潜伏を続ける竜紹鉄たち。中将を迎えるに当たっての日本兵たちの捜査にも何とか見つからずに済む。
 用心深い芥川は、草むらを焼き払うように命じ、身を潜めていた大春は火炎放射器の炎を受けてしまう。しかし隠蔽を気づかれるのを防ぐため、大春は背中を焼かれながらも声も上げず、仲間たちの助けも拒む。竜や九児は大春のその自己犠牲に応えるため、助けに行きたい気持ちを抑え隠蔽を続ける。

cap964.jpg
背中を焼かれても耐える大春

more»

14話 変化 15話 待ち伏せ(2)

続きです。


苦痛を分かち合う


 竜紹鉄と九児の仲に嫉妬する大春。だが、竜が毎夜、戦争の悪夢に苛まれていることを知ると、そんな嫉妬もどこかに行ってしまい、彼を案ずるようになる・・・・・・このへん、大春、すごく強くていい人だ。マジで惚れるくらい素敵。

170.jpg
悪夢にうなされる竜を起こす

more»

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad


Copyright © 記憶的海 All Rights Reserved.