スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏コミありがとうございました

 8月11日に×年ぶりくらいにサークルが受かり、夏コミ2日目にサークル参加してきました。
 そして何が起きたか、うつサークル史上最高の売上、3種19冊を買っていただきました!!
 いやぁ、いつもコミケでも売り上げが2ケタに達したら万々歳、超えるか10冊の壁!! という超弱小のうちにとってあと1冊で20冊は新記録。お買い上げいただいたみなさまありがとうございます。

 内訳は

・『島ノ見る夢』(黄埔軍校、林彪主役、微腐)→2冊
・『林彪祭』(林彪萌え本)→8冊(持ち込み完売)
・『抗日映画読本』(新刊)→9冊(持ち込み完売)

 となりました・・・・・・・てか持ち込んだ分が(こんなに少ないのに)全部はけるの見るのも初めてだよ・・・・・・。在庫はまだあります。

 それと、夏コミで宣伝しましたが、こちらのブログは管理主多忙のためほとんど更新がストップしています。
 でも過去記事は置きっぱなしですので、中国近現代史によこしまな興味を抱いている方はどうぞゆっくりご覧になっていってください。


新刊について

 さて、以前の記事でも予定していた新刊・抗日戦争映画本についてまずはお詫びを。
 案の定というか何というか、他の本を出す時間が無いのでツナギとして出すはずの本だったのに、当初の予定内容を大幅に削減、って言うか原型を留めない超薄突発コピー本となってしまいました。
 総ページ数8ページ、紹介映画3本! しかもほとんどが別ブログ『劇的なチャイナ』で書いた記事の焼き直し!

 ・・・・・・・・・いや、ほんとすみません・・・・・・・・・。

 原稿が書き終わったのが当日の朝の7時10分です、泊まっているホテルから会場サークル入場に間に合うには7時30分が出発タイムリミットという状況でした、はい。
 その後、お昼頃に会場のビジネスセンターで出力・コピー、準備会提出分も含めて10冊を製本、となりました。

 で、当初私が考えていたのは、1931年満州事変以降に中国(大陸オンリー)で作られた抗日映画をすべて概観できる本を作りたかったわけですが・・・・・・・・で、そもそもそれは他の新作を作れる状況になかったため思いついたアイデアであるわけで、だとするとこれから改めてちゃんとした抗日戦争映画本を作り直す必要があるのか、それより新作や途切れている続きものをさっさと作った方がいいのでは? と思うわけです。

 というわけで、今後この抗日戦争映画紹介本を改めて出すかどかわかりませんが、ぜひ読みたいという声があれば考慮することにします。



 林彪本への反応

 さて、この林彪本、もう即売会での販売を始めてからだいぶ立つのですが、お買い上げくださる方の反応が

「林彪ですか!? 林彪の本なんですかぁぁぁ!?」

って感じ(笑)
 いやぁ、完璧にコミケでも珍しいゲテモノ本を見つけちまったぜ、これはとりあえず買わなきゃ!!な反応。
 
 無言で買っていく方もいますが、おそらくうちの本を買ってくださる方の9割が珍しいもの見たさで買ってくださる方でしょう。純粋に中国近現代史が(ちょっと変わった形で)好きで買ってくださる方は1割くらい?

 そんな中で今回は「前も買ったことあるんです、この本買ってから林彪に興味持ちました」と仰られる方が降臨!!!
 うわああああああ!!! そんな素晴らしい方がいらっしゃるとはこれはびっくりだぁぁぁ!!!
 いやいやいや、うれしいですね、てか私もう×年もサークル参加していないというのに、存在を覚えていてくださったとは! ・・・・・・・×年前から持ち込み本の顔ぶれ変わらなくてごめんなさい。


 さて、そういうわけで大満足なコミケだったわけだが、一つ後悔と言えば、「今日は肌色の日(男性向けエロ同人)なのに自分はなぜ林彪の本を買っているのか」と仰る方がいたのだけど、それに対し「すみません、その本肌色ではないけど、人民の流す血の赤色ではあります! 」と答えなかったことだーーー!!


 あ、あといつものことだが、うちの本腐女子向けな内容だってのに、買ってくれる方の8割が男性だった・・・・・・・・(数少ない女の子の一人は周恩来が好きだと仰っていた・・・・・)
 最初に配置みた時は「うわっ、男性向けのただなかかよ!? 超アウエイじゃん!」と思ってたけど、むしろ絶好の配置だったのかも。
 もう、林彪ちゃんたら男にもてるんだから! 



 そして最後に売り子を手伝ってくれた友人ありがとう!ありがとう! おかげさまで生き延びられました!
スポンサーサイト

夏コミ受かりました

 すっかり生活が破たんしてブログの更新が滞って久しいですが、何年ぶりかに夏コミに受かりました(笑)。


 日時:2013年8月11日(日曜日、2日目)
 スペース:東地区ピー60b(お誕生日席和>笑)
 サークル名:まぶいぐみ
 ジャンル:歴史・創作文芸
 


 趣味の時間はおろか人生に必要なことをやる時間さえ全く取れない日々を送っていますが、スペースを取れたからには新刊はぜひ出したいもの。
 で、今の私の状態でどんな本を出す余地があるか検討してみました。

・中国近現代史、黄埔軍校本後半→前半を出してはや3年(大汗)。いい加減後半を出さなければいきませんが出すとすれば100ページくらいになり相当本腰を入れなければならない。よって無理。

・中国近現代史、その他→これも長い間創作活動から遠ざかりまた私生活がフィクションを考える頭の態勢になり

・中国映画・ドラマの解説本とかは?→これならある程度知識と資料の蓄積があり、創作脳に切り替える必要もない

・アニメなどの二次創作→現在、YAIBA、スレイヤーズ、APH(露普)、(なぜか)源義経に関してはまっておりネタと構想がある。しかし、どれもある程度の長編となり残された時間では物理的に不可能と思われる。



 とよくよく検討を重ねた結果、「中国映画・ドラマ」 解説本を出すことに決定。
 あれ?「歴史・創作文芸」でない? と思われるかもしれませんが、私の見る中国映画・ドラマとはすなわち革命ものか抗日もの! ほら、ばっちし歴史関連!!


 とは言っても「抗日または革命もの」となると範囲が広くなりすぎる。
 どちらかと言うと抗日ものの蓄積の方が大きいし、一定のまとまりがあるし、日本人の関心(笑)度も高い・・・・・・・と言うわけで革命ものは次の機会に回して今回は「抗日もの」に絞る、ということで。

 でもまだ問題が。
 抗日もの、と言っても映画とドラマ両方を対象とするとこれまた膨大な量になる。個人的には抗日ものは映画よりドラマの方が萌える作品が多いのだけど、今回は時間もないということでドラマは除外し、抗日映画に的を絞ろうと思う。

 と、言うわけで、今回のコミケの新刊は「中国抗日映画大全」(仮)とします!!

 ・・・・・・いやぁ、まじで時間的にやばいけど、ともかくぜひスペースに遊びに来てください!!

 

落ちたー(涙)

 申し込んでいた地元イベント(コミケではない)に落選したーーー。

 ああ、一年ぶりの同人イベントだったのに・・・・・・。
 帰国が具体的に決まった6月ごろから楽しみにしていたのに・・・・・・。 
 在庫いっぱいあるのに。


 う~ん、いつもスペース余っていて当選確実のイベントなのになぁ。
 なんでよりによって今回に限って。夏休みだからかな?

 
 同人過疎地に住んでいるので、サークル直参可能なイベントはその一つだけだったのだが・・・・・・。


 まあ、在庫は会場委託で細々と売っていこう。
 ・・・・・・次回は10月か・・・・・・。
 
 ふう、思い切って大きなイベントを目指すかなぁ?




Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad


Copyright © 記憶的海 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。