スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死亡フラグ

以下、腐女子向け描写&ドラマのネタばれあり。
あと、言うの忘れていたけど、主人公の名前は竜紹鉄(ロン・シャオチー)って言います。

more»

スポンサーサイト

戦況報告

以下、腐女子向け描写・作品ネタばれあり。

more»

「愛/し/の/彼/が/振/り/向/か/な/い」

 ・・・先日、主人公をいじめていたヘタレ眼鏡上官がツンデレのツンからデレ期に入って主人公に対して怪しい周波を送っていた&芥川が主人公に異様に執着しているって展開を見ながら気がついたんだけど・・・
 これってもしかしかして主人公の国/民/党将軍は男女問わず、そして敵味方さえも問わず総モテ状態なんじゃなかろうか?


 まず、主人公の上官のヘタレ眼鏡特務。誤解が解けてからやたらと主人公に優しい。座る必要もないのに、わざわざ隣に座り挙動不審な態度でスキンシップをはかる。自分の妻にいかに自分が妻を愛しているか訴える場面があるが、これも男の部下に心を動かされちゃった後ろめたさから過剰に妻を大切にしているのかも。
 そしてこの上官の妻は、何やら主人公を愛している様子。でも夫との関係も良好と言うかむしろラブラブなのだが・・・。
 また石頭という名前の十代の新兵がいるが、これがまた主人公を尊敬し慕っている。非常に可愛らしい顔をした素直で泣き虫のいい子なのだが、気がつくと何気に主人公の隣をゲットしている。実は彼こそ腹黒で、可愛い顔してちゃっかり主人公に近づいているというふうに見えなくもない・・・。でも、確かに主人公には可愛がってもらっているけど、この戦略だと「弟分」という範疇から一歩も出れそうもないのが難点か。
 そしてヘタレ眼鏡(彼は参謀長らしい)とはまた別の上官。彼は当初から立場の危うい主人公をかばいまくる理解あるいい上官なのだが、ゆえにとても影が薄い。


 そして日本軍の芥川。無口で何を考えているかわからないが、それゆえに主人公への執心は内に篭って発酵してしまっているのかもしれない。彼の愛の表現は、自分の狙撃で主人公を殺すこと。戦場でライフルの鏡ごしに主人公を見る時、無上の悦びを感じているのかもしれない。
 彼の頭の中を占めるのは50%が主人公のこと、49%が狙撃(で主人公を殺すこと)、1%が皇軍の勝利なんじゃないかと思う。


 それから私はこのドラマをかなりとびとびでしか見れないのだが、どうやら八/路/軍もかなり話に絡んでいるらしい。
しかもこの八/路/軍の連長(中隊長)の大春という男が、驚いたことに主人公といい雰囲気だったりするのだ。何と言うか、超なれなれしい。
そして同じく八/路/軍の女スナイパーに九児という少女がいるのだが、この子も主人公に恋してしまっている様子。で、彼が地主階級の出身であることに思い悩んでいる。主人公も人妻との危うい関係に疲れているのか、彼女の思いにまんざらでもない様子。色香溢れる美人人妻からも清純な美少女戦士からもモテるってどこのフランス書院だよ・・・。ちなみに大春は九児に惚れていたのに、彼女がすっかり主人公に恋してしまって焦りまくっています。


それにしてもモテる主人公だが、こういう連中(特務上官、部下、人妻、日本軍、八/路/軍)にモテても全然嬉しくないかもしれない。しかも主人公はけっこう嫌世的なタイプでわずらわしい人間関係にまきこまれるより、黙々と職務を遂行するのを好むタイプなのでよけい胃が痛いかもしれない。あ、もちろんノーマルです。
いわゆるニ/コ/動で流行った「愛/し/の/彼/が/振/り/向/か/な/い」状態(「涼宮ハルヒ」のネタ動画。極めて常識人かつノーマルな主人公(男)が、目的のためには手段を選ばない他の登場人物全員に異様な恋愛感情を持たれ、その壮絶な争奪戦の戦利品扱いされる受難もの)。
 しかしそんな主人公の迷惑(モテ地獄の受難?)は放っておいて、いったいこの中の誰が最終的に主人公のハートをゲットするか、それを予想しながら見るのが今後の楽しみだ。

狙撃手がおもしろい

 抗/日ドラマ「狙撃手」が予想以上におもしろい。
 前回、主人公たち(国/民/党の将軍と日本軍のスナイパー)が自分達の所属する組織から疎まれて孤立するのではないか、と書いたけど・・・予想はななめ上にはずれてしまった。


 まず、ドラマの前半で国/民/党部隊長の主人公は、上官からスパイの疑いをかけられている。国軍の行動が事前にばれており、しかも部隊のほぼすべてが全滅した戦いで主人公と他二名の兵士だけが生還でしてきたからだ。
 この主人公に疑いをかける上官と言うのが、いかにも冷酷で神経質そうな眼鏡野郎で、上官と書いたわけだけどもしかしたらこの部隊に配属されている特務なのかもしれない。それがねちねちと主人公をいびるわけだ。しかもいかにも腹黒らしく眼鏡の奥が光ったり(マジで光っていた)までする。しかもこの特務(?)の妻が超美人なのだが、彼女が何故か主人公に気がある様子・・・・・・。ああ、きっとこれから主人公の立場はどんどん悪くなって、この冷酷腹黒眼鏡に謀略とかかけられて窮地に陥るんだろうな、という展開が予想できる。
 
……が、何回か見逃しているうちに別の意味でとんでもない展開になっていた。

 なんとこの腹黒冷酷眼鏡が・・・


ヘタレキャラになってしまっていたのである。

 や、なんか主人公への疑いは完全になくなったらしく、しかもこの上官は主人公に謝りたいらしくてさ、その機会を伺って一人で射撃の練習をしている主人公を木陰からそっと見守っているわけですよ(←これはこれで超嫌だ)。で、いかにも気弱そうな表情で、それこそ憧れの彼にラブレターを渡そうかどうか迷っている女子中学生のような風情で逡巡した後、意を決して休んでいる主人公の隣に腰かけるわけです。……主人公は何でこの人わざわざ隣に座るんだろ、って思いっきり不審な顔していました。
 で、この後は上官はむしろ主人公をかばう側に回るわけです。しかも主人公に気のある上官の妻は、てっきり冷酷(じゃなくてむしろいい人だったが)な夫を嫌っているのかと思ったら、少なくとも夫のほうは妻命の超愛妻家だったようだ・・・・・・。
 
 なんだこの人、腹黒眼鏡じゃなくて実はヘタレツンデレ眼鏡だったのか・・・・・・。


証拠画像
ビフォー 横向いているのが主人公、正面が上官
sonota2


アフター
sogeki3



 いったい見逃していた数回の間に彼に何が起こったのか・・・・・・


 さてもう一人の主人公・日本軍の天才スナイパー芥川。この個人プレーが得意で(それがスナイパーとういものだが)、協調性と上官への服従という日本軍にとって最も大切な性質が欠けているライフル銃だけが友達の一匹狼だが、不思議なことにこちらも孤立しているわけではないようだ。むしろ日本軍内でもドラマ内も独自の存在感を醸し出している。
 ゴルゴ13とちょっと狂暴な綾波レイ(と言うより長門ユキ)をミックスしたようなキャラだと言えばイメージしもらえるだろうか? とにかく無口無表情キャラでありながら強烈な個性の持ち主で、しかも日本人役者の演技が秀逸で、私がこの作品に注目した最初のきっかけも彼あってこそである。
 で彼の上官の大野(この人も日本人役者が演じている)が、やっぱりこういう空気の読めない部下は気に食わないのかよく怒鳴りつけるわけですが、芥川はそんなの馬耳東風。ぶっちゃけ上官をないがしろにしている。
「聞いているのかね、芥川君!」とか言われていたけど、たぶん聞いていない・・・。
 そして自分の考えに「失敗したらどうするんだ」とぐちぐち文句を言う上官に対して一言。
「責任は私が取ります!」
 上官はその言葉と芥川の目力の前に黙ってしまうしかない。・・・って「責任は自分がとる」なんて明言する日本軍人も珍しいな。
 そしてやはりと言うか、芥川は国民党側のスナイパーであり、何度もとり逃している主人公に執着し、彼を撃ち殺すことに執念を燃やしている。どうも主人公を追うために昇進(とそれに伴う転任)までも拒否してしまっているようだ。戦場においても他の中国軍兵士を無視して、「俺の標的」とか言って主人公一人を狙いまくる。


 さて、ドラマも中盤。上官からは木陰から見守られ、敵のスナイパーにはストーカーされる主人公の運命は今後どうなってしまうのか。


Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad


Copyright © 記憶的海 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。