スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11話死神盛宴 12話ケダモノ

第11話あらすじ

 林団では、日本軍が準備中の夏季攻勢は空前の規模の会戦になる見込みで、特に新八旅を壊滅させることに力を入れてくるだろうとし、そうして中条山地区の中央軍を瓦解させた後、八路軍に本格的な掃討をかけるつもりだと分析する。
 大春はこの間から仲違いをしていた九児と関係を修復する。一方、竜紹鉄石頭を連れて大野連隊本部の偵察に行くが、彼が偵察に出た情報までスパイによって日本軍に漏れ、急いで引き返す。文軒は竜の行動を問題視し、銃を没収する。

 新兵の訓練をする竜は「実弾演習をしなければ彼らに戦場の何たるかを教えることはできない」と言い、何とかして演習用の実弾を支給してくれるよう段旅長に頼みこみ、段旅長は無理を重ねて実弾を用意する。

 芥川は竜が生きていることを知り驚愕する。また彼が訓練した新兵たちは必ず日本軍の脅威となるだろうと言い、訓練が終わる前に新八旅を攻撃するよう提案する。新八旅内のスパイに不信感を抱く大野は渋るが、芥川は「この人物」は絶対に信頼できると言い張る。

 竜は新兵たちに射撃訓練を施しながら、今まで他人に関心を持たなかったのに彼らに対して愛着を持つようになった自分の変化に驚く。そして彼らを生還させるため、少しでも多くの訓練の時間が欲しいと切に願う。
 だが日本軍は行動を開始し、二日後には会戦が始まることとなり、新兵たちも予備兵として前線で待機することとなる。竜は張脆から銃を奪い返し戦闘に備えるが、文軒によって旅本部と行動を共にするよう制限を受ける。蘇は彼の負担を減らすため「彼らは自分達で望んで兵士になった。あなたが過剰な精神的負担を負う必要はない」と言う。

 ところが日本軍は国軍が掴んでいた情報より7時間も早く侵攻を開始、それと同時に新八旅本部も空爆を受ける。遅れをとった新八旅も各部隊を陣地に入れるが、すでに3倍の兵力で包囲されてしまっていた。
12-8.jpg
苦戦を強いられる新八旅

more»

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad


Copyright © 記憶的海 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。