第14話 変化 第15話 待ち伏せ(1)

第14話 あらすじ


 竜紹鉄は、方義球に罪を功で償う機会を与えるよう段之凡旅長に訴え、文軒は軍規を糺すため処刑するよう主張する。結局、段旅長は方義球に機会を与えてやることにする。

 蘇雲暁は竜を訪ね、あの学生達はなぜ死ななければならなかったのか、彼らの家族はどんなにつらいだろうかと語る。

 大春は読み書きのできない二勇に代わって彼の母親への手紙を代筆し、二勇は連絡員である胡子叔に託す。新八旅にいた甥が日本軍の捕虜になって射撃練習で殺されたことを知った胡子叔は今度の任務に同行する。大春は彼が年を取っていることを理由に反対するが、押し切られてしまう。

 竜は石頭銭国良,方義球らを伴って狙撃地点の「前山口」に出発。だがスパイの目をあざむくため、あえて当初の目的とは違う場所に向かう。張脆はその行為を咎め、戻ろうとするが銭らに取り押さえられる。

more»

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad


Copyright © 記憶的海 All Rights Reserved.