スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『炎立つ』第三部8話、これが男二人の愁嘆場

 最近、マジで義経とやすひらのことしか呟いてません。
 そんな自分が怖いですが止まりません。

 さて、今回は伝説のほも大河、奥州藤原氏の興亡を描く『炎立つ』(1993年放映)について。

 『炎立つ』は93年7月から94年4月まで大河ドラマとしては変則的な放送期間で放送され、さらに9か月で3部構成という冒険しずぎな構成でありました。
 第1部は奥州藤原氏初代清衡の父親・藤原経清と前九年の合戦。
 第2部は初代清衡主役で後三年の合戦。
 第3部が四代やすひら編となっています。

 放送時、私はまだ中学生でしたが、このドラマはその後長く印象に残っています。私が最近義経ややすひらのことを言い出したのもそもそも過去の大河の資料本を読んでいてこのドラマのことをふと思い出したのがすべてのはじまりです。
ちなみに当時はまだ「やおい」という概念には触れていませんでしたが、『炎立つ』で弁慶×義経となりました。やすひらは単体で好きでした。て言うか野村義経がいろいろdisられていることや、あの義経像が一般的ではないことも後から知りましたが、私の中ではじめてまともに触れた義経が『炎立つ』の義経なので、私の中の義経像はあれが基本となっています。


 さて、賛否両論激しい『炎立つ』第3部ですが、以下BL的神回というべき第三部8話をピックアップします。
 

more»

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad


Copyright © 記憶的海 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。