スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大きくなったらお嫁さんに・・・・・・」

 今回はやすひらの年齢の違いとその場合の義経との関係について。

 やすひらは一般に『吾妻鏡』の記述では享年35歳とされていますが、享年25歳としてる異本もあるもよう。また1950年に行われた中尊寺の御遺体調査では30歳未満が有力視されています。

 義経の享年が31歳なので、享年25歳説、または30歳未満説を取ると義経より年下となります。しかも享年25歳なら義経より6歳も年下であり、だとすると義経が初めて奥州に来たのは16歳の時なので、その時やすひらはまだ10歳! うひょーー!!。

 まあ、私はやすひらが義経よりちょい年上が良いので妄想・創作活動では享年35歳説か同い年説を採用するけど……御遺体調査や記録に残る行動の甘さを見るとやっぱり25~30歳あたりが史実上は正解なんじゃないかと思う。


 ところで元服前のやすひらはなんて呼ばれてたんだ? 幼名は? とわからなくてしばらく「泰丸」と呼んでたけど、よく考えたら普通に「次郎」でいいんやん。

more»

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad


Copyright © 記憶的海 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。