スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やすひらと義経、妄想雑記(あんまり腐じゃないまとめ)

やすひらと義経に関連して妄想した細かいあれこれについて語ります。

内容は

・やすひら・義経関連ツアー
・やすひらの年齢再考

義経ツアー計画


 ツイッターでこんな素敵なツアー情報を見つけました。

https://twitter.com/aoida_/status/454285060783353856

 『木曽義仲の足跡を訪ねる旅 2泊3日』

だそうです。


 よーし、それならこちら(?)も対抗して「義経の足跡を訪ねる旅」ツアーだ。

 ルートは
 
 京都鞍馬山集合→平泉→鎌倉→京都(市中)→一乗谷→屋島→壇ノ浦→京都→衣川(現地解散)。
 
 ちなみに以上2泊3日です。
 追加料金オプションでモンゴルにも行けるよ!


 ・・・・・・なんだよ、この弾丸ツアー・・・・・・・


 まあ、それはともかく春の藤原祭りも見に行きたかったけど、そう何回も観光行くお金無いので、7月上旬に咲く中尊寺ハスを見に行くのと天秤にかけた結果、ハスを見に行く方を選ぶことにしました。800年の時を経て蘇ったやすひらのハスだもんね!

 ……なんでやすひらのハスかと言うと中尊寺金色堂に安置されている彼の首級入った桶の中から発見された種から咲かせたハスだから……。
 すごいきれいな花らしいですが、800年も殺された人の首と一緒に入ってた種の花なんてホラーじゃねぇか? という意見もまあ一理あります。でも見たい。


 

藤原まつり


 藤原まつりについても少し。

 藤原まつり案内サイト


 春の藤原祭り。奥州藤原氏の祭りなのにメインが「義経公東下り」でしかもほとんどの人がその話しかしないのがいまいち腑に落ちないけど、私も行けてたらもちろん見に行きますよ。秀衡ファミリーの藤原兄弟も全員出演するっていうから。

 ところで「義経公東下り」は頼朝に追われた義経が奥州に戻った時の様子を再現したものらしいけど、一応奥州側は義経を匿っていることを鎌倉にばれないようにしていたというのに出迎えがこんなに派手でいいのかと・・・・・・

 いや、もうリンク先の写真見れば分かるが、鎌倉方に隠す気がみじんもない奥州。


 でも私が今一番参加したいのは1日目に中尊寺でやる藤原氏への追善法要ですかね……私に追善されても迷惑かもしれんが……




やすひらの年齢再考


 wikiにはやすひらが殺されたの25歳~35歳とかあって、いくらなんでも20代ってことはないだろ、と思ってたら、1950年代に中尊寺に葬られていたやすひらの首級調べた調査があって、それによると30歳は超えてないだろうという結果が出ていると聞いて目からしょっぱい水が……

 だとするとなにか、あの無理ゲー的な時代状況の中で二年も持ちこたえた20代の若当主を「後世の評価」は、無能だ愚かだ、おまえのせいで平泉が滅んだ、秀衡は後継者選びを誤った、とか責め立ててたのか。血も涙もない世界だな。(まあ、義経殺したのは失策だったと思うけど)



 しかしやすひらもなぁ~、義経が鎌倉行く前にさっさと結婚しとけばよかったのに、それが最大の失策と言えば失策だよなぁ~、まあやすひらじゃ義経止められそうもないけど(と、自分が一番血も涙もない評価を下してみる)
※すいません、結局一部腐表現が入ったので反転しました。

 
 ところで、史実的にはやすひらは義経より年下な可能性が高いようですが、私の中では今後も義経より少し年上ということでいこうかと思います。年上だけど義経にとっては心の弟扱いです。いや、表にはだしませんけどね。義経にとっても半ば無意識の弟扱いということで。

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad


Copyright © 記憶的海 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。