スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『源狼』&『遥時』

 今回は源平時代をあつかった乙女ゲー、『遥かなる時空の中で 3』と『源狼』について語った過去ツイートを元に記事書きました。どちらも泰/衡はじめ奥州がかなりクローズアップされている作品です。

 で。

 最初に重大な発表を。

 
私はどちらのゲームもやったことがありません!! 


 『遥時』はアニメ版もある見たいだけど、そっちも見てません(大汗)。

 見てないのに記事書くってどういうこと? って感じですが・・・・・ぶっちゃけネットで聞きかじった情報や感想だけで充分に萌えまして・・・・・・やってもいないゲームでこんなにも長々と萌え語りを・・・・・・・。

 なので二つのゲームの攻略法やプレイしての感想をお求めの方はごめんなさいです。

 ぶっちゃけいつもの泰/衡語りしかしていませんが、それでも良い方はどうぞ。
(ちなみに今後プレイする予定も特にないです。実はゲームってドラクエ2以来ほぼ全くやってなくて苦手だし、時間取られるし、はまってしまったら私の場合廃人の道まっしぐらっぽいし・・・・・・)

あとネットや二次創作で拾った情報しか元にしていないので、重大な間違いがあったらすみません・・・・・。












『源狼』(未プレイです)


 『源狼』という乙女ゲー(?)の存在を偶然知り、しかも奥/州/藤/原勢がけっこう出張るらしいので、すかさず公式サイトに飛んでみました。
 もちろんまずは泰/衡のキャラ紹介ページですが・・・・・・・・・・(音注意)


 いや、思わず叫んでしまうような理想的な設定ですが、ぶっちゃけサンプルボイスで引いてしまった……う~ん、これはちょっと……。でもサンプル母ボイス3番目の

「おのれ九郎!どこまで私を愚弄する気だーー!!!」

には卒倒するかと思うくらい萌えた。
 そうだよ!私はこういうのを求めていたんだよ!!


 あ、でも乙女ゲーはやらないんですけどね……でも……でも……やばい、ちょっと魅かれている……これはやばい……



 でもゲームはやらないやらないと思いつつ、結局思い余って『源狼』の情報を漁ったんですが、義経が生存するルートがあって、でも泰/衡はやっぱり奥/州/合/戦で斬首展開で・・・・・・
 しかし、そのルートだと、泰/衡の首を中/尊/寺に届けたのが義経、首桶に蓮の種を入れたのも義経って……

 ええええええ!!!!! やばい、この話だけで『源狼』を注文しそうになっている自分がいる!


 かくいう私ももし義経が生き延びていれば、中/尊/寺に首を届けるのは無理でも(頼朝から下げ渡されねばいけないから)、後に密かに(寺に忍び込んでとかw) 首桶に収めたのが義経という妄想をしたことがあります。ちなみにその種は平泉の民衆から泰/衡様に、と託されたものということで。


  蓮の種ネタと言えば、

「(仏教用語として)一蓮托生、死後の極楽では同じ蓮の上に生まれましょうというメッセージ」

があったのではないかって中/尊/寺関係者の話を見たけど、乙女ゲーの『源狼』では義経生存√の場合、泰/衡の首桶に蓮の種入れるのは義経なんでもうwkwkで心臓がいたい

 てかこのゲーム、平泉に関してかなりマニアックなネタ振ってくるような・・・・・
 ゲームの前半ではもしかしてバーチャル平泉デートとか楽しめるんでしょうか? 



 で、『源狼』の泰/衡はキャラ設定見ると大変好意的に書かれていて、しかも何気に義経のこと大好きで、ユーザーの談によれば「兄弟のような関係」(手が震える)なのだそうですが、秀衡死後は史実通りの動きをするのが決定事項のようです(義経主従生存ルートは衣川を脱出できた場合)。
 しかもほとんどの場合、バッドエンドルートで義経はじめ主要人物を殺しているのは頼朝じゃなくて泰/衡だからさ・・・・・うわ、これはプレイヤーの心象悪くなるわ(汗)


 しかし一つだけ泰/衡が衣川襲わない! 義経主従全員生還! しかも奥州も滅びないし泰/衡も死なない!
 という完全史実無視の夢ルートがあるとのこと。

 そこで泰/衡が義経殺すのやめて一緒に鎌倉に立ち向かうと心代わりするの必要なイベントが「主人公が中/尊/寺の鐘を鳴らす」ことと……

・・・・・・え?


 いやなんか「主人公らが中尊寺の鐘を鳴らし、その音を聞いて泰/衡が目を覚まし考えを変える」という展開で、まあもうなんと言っていいかわからないような超展開です。

 が! 超展開だけどめちゃ感動した!
 「中/尊/寺の鐘」がそんな奇跡を起こすとかすごいロマンですし、この展開考えた人かなり神と思います。


 まあ、このゲームは他のすべてのルートで泰/衡によって主人公と義経主従のすべてまたは一部が死ぬか、義経主従生存ルートでも必ず奥州滅びて泰/衡死ぬという(奥州愛を前面に出しているゲームなので)プレイヤーにとっては鬱になるルートばかりなので、一つくらい奥州滅びないルートがないとキツい。

 どうせファンタジー展開OKなら、

中尊寺の鐘の音で泰/衡は義経殺すのやめる

泰/衡の目覚めとともに中/尊/寺の秘められた力が解放

奥州に強力の結界ができ鎌倉軍は攻め込めない

実は中/尊/寺は初代清/衡が奥州の危機に備えて建立したもので百年祈りを捧げることで無敵の結界パワーが生まれる

 くらいの設定にすれば……


 中/尊/寺をなんだと思っているんだ……



 でも『源狼』でやっぱキツいのは、泰/衡は義経好きだし義経も泰/衡好きで(しかも喧嘩するほど~系)、なのに結局義経殺して自分も死ぬ展開になる点ですね。これで泰/衡が義経に対して何の思い入れもなければ見てるこっちもあんまつらくないし、逆に実は義経助けて自分は死ぬ展開の方がまだマシなんだけど。(←さりげなくひどいこと言った)

 泰/衡が義経好き設定だとまれに義経助けて自分が死ぬ展開になる(『炎立つ』とか二階堂 玲太著の『源義経』)けど、やっぱり義経殺して自分も死ぬ展開は避けがたい(大河『義経』とか『源狼』とか)。
 月マガの『遮那王 義経』はどうなることでしょう。あの泰/衡が『源狼』と同じ展開になるのはやっぱキツすぎ。

 まあ、大半の創作物(特に古いもの)では泰/衡と義経の間には何の気持ちの通じ合いも無いのがデフォルトなんだけどね……


 でも一つだけはっきりしときたいのは、まるで秀衡死んでからすぐに泰/衡が義経殺したかのような印象を与える本が多いけど、衣川襲撃まで約1年半ほどの時間があるんですよ。
 そして、その間のこといろいろ考えて鬱るという毎日を繰り返しています・・・・・・・鬱だ…………




『遥かなる時空の中で 3』(未プレイ)


 さて、乙女ゲー系で泰/衡が出る作品と言えばなんと言っても『遥かなる時空の中で 3』ですね。
 
 しかし『遥時3』も不思議なゲームだと思います。
 なんで泰/衡を主要キャラの一人、しかもあんなに好人物(←や、自分やってないけど)に設定したのか? 嬉しいことだけど、一般的な観点からは謎です。
 ぜひそのへんの事情、というか製作者の泰/衡観は知りたいなぁ。

 『源狼』の扱いといい、一般的には天下の嫌われ者である泰/衡だけど、それゆえ逆にコアなファンがいるのかなぁ? しかも乙女ゲーに反映されるとは・・・・・


 まあ、予想していたことですが、「泰/衡」で画像検索かけてもpixv検索してもほぼ99%『遥時』の泰/衡しか引っかかりません……で気がつくとpixivの泰/衡@遥時作品をいくつかブクマしている自分がいまして……やばぃ。
 ぶっちゃけ、私のpixivのブックマーク見れば、『遥時』ファンかと確実に誤解受けると思います。
  『遥時』の泰/衡は義経(九郎)と仲良い設定なんですね。それだけで心がぐらぐら来ますが、乙女ゲーにははまらないぞ……、あ、この二次創作ブクマしとこ(←かなりもうだめ)

 最近の泰/衡好きって人は、たぶんこのゲームから興味持つ人が多いのですかね?
 しかしこういうゲームのおかげで泰/衡の知名度が上がり、奥州の歴史に興味を持ってくれる人が増えるのは嬉しいことです(や、私奥州とは何の関わりもありませんが)。
 まあ遥時で泰/衡知った人たちが歴史上での彼の評価を知ってどう思うか不明ですが、やっぱり彼をああいう設定にした製作者は偉大です。


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad


Copyright © 記憶的海 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。