スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終回

 先に書いておきます。このブログは当分、「狙撃手」ブログになります。

 や、そんな日本で放送されていないドラマのブログを日本語で書いてどうするんだ、という突っ込みは自分でもあってどうするか迷ったのですが、やっぱりやります。まあ、こういうファンブログなんてのは、どれだけ他者と妄想を共有できるかにかかっていると思うので、マジでみんなが知らないドラマ語ったってただ痛いだけですけど。とりあえず吐き出しとかないと自分の中でパンクするほど萌えているので、やります。
 それもこれも先日見た衝撃の最終回のせいです。つーか、二日ほど見逃していたら二日前には第16話ぐらいだったのに二日後には最終回の25話になっていたってどういうことですか?
 とりあえずDVDが出回っているのでそれ買ってきて、1話ごとにレポートしていきます。 なので衝撃の最終回の話は(一応書きましたが)しばらく置いておきますが、一言だけ、あの主人公争奪戦がどういう結末になったかだけ書いておきます。そもそもこの結果こそが、私が「狙撃手」ブログやりたくなった理由ですので。


 
 以下、腐向け話&最終回の多少のネタばれあり(でも基本的なことはばらしていません)
 ヘタレ特務眼鏡上官(いまだに名前がわからない・・・)、かわいい部下・石頭、八/路/軍の中隊長・大春、同じく八/路/軍の女スナイパー・九児、因縁の相手である日本軍のスナイパー・芥川・・・・・・・・・・いったい誰が主人公・竜紹鉄のハートをゲットしたのか・・・・・・・・
と思ってみていたら・・・・・・・






 大春エンドだったーーーーー!!!



 ええええ、マジですかぁぁぁ!! な、なんか二人はいい雰囲気だと思ってたけど、まさかそんなラストになるとは、本気では信じていなかったのに・・・。
 だって八/路/軍の中隊長と国軍の将軍のCPなんて想像もしなかったよ・・・でもそうとしか見えないラストシーンだよ、って言うか主人公もヒロインをほっぽっといて男と何やっているんだ?(って言うか、このドラマ女の扱いがひどいんだけど)
 あんま詳しくは今は書かないけど、主人公がすべてが終わった後に大春のこと抱きしめるシーン(
ここは本当に切ないシーンだ)と大春に「さあ、家に帰ろう」と呼びかけるシーン、さらに「この戦いにどんな意味があったのか私にはわからない。だが、私と大春はともにここにいる」という独白・・・・・・こんなものを見せられたら大春エンド確定を宣言しないわけにはいかないな、というラストでした。


というわけで、大春と竜紹鉄のCPが公式だと判明したことですし、このブログでは大春×竜紹鉄をメインにやっていきます。
 たぶん誰もついてこれないでしょうが・・・・・・自分の萌えを吐き出す場としてしばらくやっていきます。全部吐き出し終わったら、本来の中国近現代史萌えという少なくとも「狙撃手」萌えよりはまだ1gほど多く需要がありそうなブログに戻ります。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad


Copyright © 記憶的海 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。